アートネイチャーなら自然なもみあげも作れる?|自然に見せたい

アートネイチャーといえば、かつら・増毛・発毛促進・育毛・ 抜け毛・薄毛など、毛髪に関する相談にのってくれるプロフェッショナルであることで名の知れた企業です。
しかし、毛髪に関することは、ナイーブになりがちな悩みのひとつです。
そこに相談したいと思いつつも、二の足を踏んでいる人は少なくないでしょう。
そこで、実際にアートネイチャーの扉を叩いてみる前に、ちょっとした情報で、皆さんのお役に立てればと思います。

まず、人間の毛髪において大切なことは、一度失われた毛髪を、自然の力で、自立的且つ安定的に取り戻すことは今現在の科学、医学ではまだ不可能と言っていい状態にあるということです。
そこで、大切なのが、いかに失われた毛髪を自然に近いカタチで取り戻していくかということです。

髪の絶対量を手っ取り早く増やすには、かつらが一番いいかもしれません。
ただ、なかには、いかにもかつらをかぶっています、という風体になるのではと危惧している方もいらっしゃるかもしれません。
その心配は以下の点に注意をすれば、杞憂に終わります。
まずは、自分の年齢、体格に見合った自然な髪色と長さをセレクトするということです。
実際の髪の色と近いものを選ぶことはもちろん、少し色をいれた自然なお洒落髪を選ぶことは、髪型を変える感覚でかつらに挑戦する意味で、入りやすい選択肢と言えるでしょう。
長さに関しては、自分の希望のものよりやや長めを選ぶとよいと思います。
そして、それを装着した上で専門の美容院で自分に合った長さにカットしてもらうことが大切になっていきます。
実際の髪の毛と同じように、今の自分に一番合う髪型を鏡と睨み合って検討してみることが、自然な髪への第一歩になります。
そしてなにより大切なのが、装着の仕方になります。
髪型を自然に見せるために大切なポイントは、もみあげと襟足の二点です。
もみあげは自分の毛髪が残っている場合はそれを活かすのが第一です。
そのもみあげにあまりかつらの毛を近づけず、上部で馴染ませると良いでしょう。
襟足についても同様です。
ですが、自分の毛髪が失われている場合は、そうはいきません。
その際は、もみあげも襟足も、実際の希望の長さより長めを選ぶと良いです。
ベッタリと押さえつけるのではなく、自然な流れで覆うように装着すると、地毛の雰囲気が取り戻せます。
かつらと一口に言っても、その用法や特徴は個人によって様々に変えられます。
まずは、無料相談から始めてみると分かりやすいかもしれません。

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!