アートネイチャーの増毛法におけるデメリットがあったとは

増毛法は即効性が高く自分が増やしたい本数だけ増やすことができるので非常にメリットの多い薄毛改善法ですが、メリットが存在すればもちろんデメリットも存在します。

アートネイチャーにおける増毛法にも同じことが言えます。

アートネイチャーで行われている増毛法は、自毛に人工毛を結び付けて髪のボリュームをアップする方法であるマープ増毛と、人工毛が植え付けられてある接着シートを直接頭皮に張り付けるシート接着方式であるレクアがあります。

マープ増毛で考えられるデメリットは、自毛一本一本に人工毛の束を結び付けるので自毛に負担がかかるということです。
自毛が成長して伸びてくる頭皮の根元に結び付けられた人工毛が頭皮から離れて上の方に上がってきてしまい、それがブラッシングやシャンプーをするときに引っかかってしまうことでさらに自毛への負担をかけてしまうことが考えられます。

シート接着方式であるレクアで考えられるデメリットは、シートを張り付ける際には外れないようにぴったりと接着させる必要があるため、少しだけ残っている自毛を剃らなければいけないことです。

発毛や育毛を考えていないのであれば剃ってしまっても問題ないですが、同時に育毛施術も行いながら自毛も育てたいと考えているなら不向きな方法と言えます。

また、シート接着方式の場合、技術が進んでネット状の通気性の良い汗や湿気を通すシートを使っていても頭皮が汗をかいて蒸れたりする恐れがあります。

加えて、接着剤が体質に合わずに荒れてしまうことも考えられるので、もともと肌が弱い人や敏感肌の人には向かない方法だといえます。

それ以外に考えられることは、マープ増毛とレクアと両方の増毛で考えられるデメリットは必ずメンテナンスが必要ということです。

もちろんメンテナンスを受けるのは本人の自由ですが、結毛式のマープ増毛の場合自毛が成長することでヘアスタイルが不自然になったり、あるいは自毛が抜け落ちてしまうことで一緒に結び付けた人工毛も取れてしまうので不自然なヘアスタイルになります。

シート接着方式であるレクアは、結毛式のマープ増毛よりもさらに頻繁なメンテナンスが必要となります。

このように、一見良いと思われる増毛法にも弱点は存在します。

しかし、きちんと定期的なメンテナンスを行いあらかじめデメリットについて理解しておくと回避できることもありますので把握しておくことが大切になってくるのです。

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!